パソコンは自作出来る!

パソコンが操作出来て当然といえるほど普及していますが、そんなパソコンを自作することが出来るとしたらいいですよね。パッと見たところでその仕組みを理解するのは大変かと思いますが、何も難しく考えることはありません。プラモデルを組むような感覚でパソコンは自作することが出来るのです。パーツはパソコンショップや家電量販店に行けば当然のように売っていますし、人によってはそれを趣味や生業としている人も居るくらいです。

何をどうすればいいか分からなくても大丈夫

初めて自作に挑戦しようという人がつまずくのがまずどうのパーツが必要かということです。パソコンケースの中にはマザーボードが入っておりそこにメモリやグラフィックボードなどを付けて行きます。ただ、何がどれだけ必要かということが分からなければしようがありません。そんな時、パソコンショップに行けば自作挑戦キットが売っている場合があります。自作に必要なセットが一式揃っており通常よりも安く提供されている事もあります。それ以外でも店員と相談すれば的確な判断を仰いでくれることでしょう。

自作に必要な物が揃っても気をつけよう

さて、必要な物が揃ったらあとは組むだけです。ただ、注意が必要です。しかもそれは目には見えないのです。何かというと静電気です。静電気はマザーボードに触れたりメモリを刺したりする時に直に手で触ることになります。この時静電気が発生したらその時点で故障します。こうした事態を防ぐにはまずセーターのような静電気の溜まりやすいものを着ないこと、マザーボードなどに触る前にパソコンケースに触るなどして静電気を逃がすことなどが挙げられます。静電気は何より一番注意が必要なのです。

プリント基板設計とは回路を作成するのに部分同士を固定し配線するための部品の総称であり、あらゆる電子機器に必ず使用されています。