一人で仕事をしているので煮詰まりやすいフリーランス

フリーランスにはライターやデザイナーなど、物を作る仕事をしている人たちがいます。一人で仕事をしていると、いいアイデアが出ないときでも気分転換がしづらかったり、相談相手がいなくて苦労することもありますが、長くフリーランスでクリエイターの仕事をしている人たちはどのようにそういった状況を克服して生産性を上げているのでしょうか。まず、気分転換についてですが、思い切って遊びに出かけてしまう人が少なくありません。

立場を生かして平日に遊びに行くことも

なぜ外に出ていくのかというと、家の中でパソコンのモニターをずっと見続けているよりも、外でいろいろな刺激を受けた方がいいアイデアが浮かぶということを経験則として持っている人が多いからです。また、外に出ることは当然、ストレス解消の意味もあります。相談相手がいないという問題ですが、最近は、フリーランスのクリエイターたちが自由に集まれる場が結構増えています。場の提供者はもちろん、商売として運営していて会費を取っていますが、フリーランスの人間からすれば、ネットが自由に使えて同じ立場の人たちが集まる場というのは、お金を出してでも利用したいほど貴重なのです。

最近増えてきたフリーランスたちの集会所

フリーランスのクリエイターは、もちろん、勉強も行っています。たとえば、同業者たちと勉強会を開いたり、新進気鋭のクリエイターの展覧会を見に行ったり、あるいは作品を読んだりします。そうすることで刺激を受けて、モチベーションの向上へとつながり、生産性が上がることも多いです。それと、自己プロデュースのために買い物に時間をかけるクリエイターも多くいます。いいものを身につけてセンスを磨き、さらにいいものを買えるように仕事をしてお金を得るというのが大きなモチベーションになります。

ワークフローとは、業務や作業の流れを図式化することで、業務の円滑化や作業の効率化を図るために行われます。